ENTRIES
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
COMMENTS
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
占いモンキー
SPONSORED LINKS

Love☆Voice

主に男性声優さんに関する個人的な見解。
作品や番組の感想など。
只今のメインは福山潤くんですが、基本的にどの声優さんも好きです。
たまに飛び出る「愛あるダメ出し」へのクレームはご遠慮クダサイ・・・。
<< GP学園情報処理部 | main | 嗚呼、クラスター学園! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誘惑
誘惑
誘惑
日向 唯稀
CV:福山潤/置鮎龍太郎/大西健晴/飯田浩志/下野紘/他

またしても小説の画像ですが、ドラマCDの感想です(^^;)
そしてまたしても続編が出たので、聞き返してみた感じで(苦笑)

大学演劇部の看板女優(?)の美祢遥(福山潤)は黙ってりゃ美人だが、お調子者でマシンガントーカーと言う見た目を裏切る性格の持ち主。
たまたまジュリエット役をやったらハマリ役だった事から、部員から街中でも通用するかと言う賭けを持ちかけられ、食券などにつられて承諾してしまう。
昼間の街中では大成功!しかし男に見る目が無さ過ぎると言う部員達が、次は夜の百戦錬磨を相手に!!と更に賭け商品を倍にして持ちかける。
お調子者の性格が災いして、つい乗ってしまうが、部員たちが指定した相手は、実は同じ学校に通う冴えない学生・橘季慈(置鮎龍太郎)だった。
彼は多角経営の橘コンツェルンの一人息子で、学生兼仕事の手伝いもしている。
その上、夜はオールナイトの百戦錬磨の顔も持つ(笑)
遥はあまりの違いに気づかず計画を続行。季慈は遥の正体に気づいた上で、遥の誘いに乗ってやる。
万が一ホテルに連れ込まれたら「とんずら」すりゃ良いとタカを括ってた遥は酒に酔いつぶれて、とんずらしそこねた(笑)
ホテルのベッドで目覚めた遥は賭けのことをばらして謝るが、女に飽きていた季慈は始めからわかっていたからと言い、許してくれなかった。
そこで開き直ってお得意のマシンガントークで攻め立てる遥だったが、舞台栄えする季慈の声が気になって仕方がない。最悪なことに、最中にやっとその声から季慈の正体に気づく。
その後、会えば口げんかの絶えない二人だったが、何かトラブルがあるたびに押しては引いて引いては押して・・・お互いの二面性に戸惑いつつも惹かれていく。

いや〜・・・なんつーか・・・ほとんど二人喋りなのよ。
遥くんがねぇ・・・面白い子だ(笑)
スッゴイはねっかえりで、もう口げんかシーンとか爆笑モノです(苦笑)
とてもテンポ良くて、テンション高いなぁと思っていたら、急にシュンとなっちゃったり、抱かれてるシーンなんかめちゃめちゃ色っぽくて、その差がまたそそると言うか・・・かなりドキドキです(>_<)ただでさえ鼻にかかった声なのに、さらにかかって音が上がるとマジ悶えます(笑)
でも本当にマシンガントークすげーっすよ?「バーカバーカ!!」ってアンタ・・・(^^;)みたいな(苦笑)
こんだけ罵声吐けたら、さぞかし気持ちよかろう・・・。

季慈は「舞台栄えする声」と言うのに置鮎さんは悩まれたようですが、充分OKですよ!時々優しい言葉をかけてくれるのがトキメキ☆です(苦笑)
ブラボー!!色男!!!(笑)
遥をからかう時の声も楽しそうで素敵♪
なんだかんだと遥に生活を乱されて快感になってそうな彼ですが(笑)過去になにやら暗いものを持っているようで、飛び道具的な遥に癒されているようです。
とにかく直情型の遥との駆け引きが聞き所!!
二人の思惑によって違ってくるセリフの掛け合いは、聞き応えありますよ〜(^-^)

物語的には「何だよ、これからじゃん!!」と言う出会いの部分で終っているので、これからの二人の展開に期待大!!!な感じで♪
楽しみだ〜ラブ
| BLドラマ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happymountain.jugem.jp/trackback/33
トラックバック